安井幼稚園トップ > 園のモットー  
園のご案内
 ・園のモットー
 
トップページへもどる

 安井幼稚園のモットーは、
   園児の個性を尊重すること。

私たちは、園児たちの人間味を大切にし、個性を存分に発揮させてあげたいと考えています。よい点をのばし、育成することが基本姿勢です。園児が自分で感じたことを表現し、考えて行動し、たくましく育つように、つねに環境を整え、日々あらたな希望と情熱をもって責任ある指導にあたっています。

 教育へのみっつの指針

げんきに
 からだの強さだけでなく“こころの強さ”を願ったものです。幼児期にしかできない体験を通して「努力」や「忍耐」の大切さを教えたいと思います。
 当園では集中力や持続時間の短いこの時期に、あえて体育や絵画制作に力をそそぎ、最後まで頑張りとおす芯の強さを養っています。“げんき”にすくすく、のびのびと…。生活や遊びの文化を飛躍的に広げ、幅広い体験をたっぷりとさせてあげたいと考えています。
なかよく
 ひとり遊びから友だちとのかかわりが増えてくるこの時期、心にも大きな変化がおこります。自分の思いどおりにならない世界を初めて体験します。友だちとのかかわりの中から新しい遊びが広がる一方で、競争心や嫉妬心も同時に芽生え、けんかも多くなりますが、それも仲良くなるための出発点と考えています。
 当園では、あらゆる場面で子どもをほほえましく包みこむことに専念し、安心感を与えながら、仲間づくりのお手伝いをしたいと願っています。
かんがえる
 当園では、子どもたちの個性を尊重し、無限の才能を引き出すことを重視しています。考える力、創意工夫する力を養うため「どうして?」や「なぜ?」の質問にも大人の尺度で答えず、ファンタジーの世界がふくらむ対話を心がけています。
 楽しみながら子どもに考えさせる指導によって、興味があることや得意とすることを発見し、ひとりひとりの「自分で考えやってみよう」という意欲や知的好奇心を高め、励まして「やればできる」との気持ちを育てたいと思っています。


 教育内容

宗教に偏向することのない、全人教育をめざして、昭和29年9月10日に設立。都心にはめずらしい「規定の3倍以上の敷地、広い運動場」を誇る心地よい環境のもと、健康教育、音楽教育、絵画教育を実施しています。
●健康教育
文明の発展が人間の体に歪みを与えてしまっている現代、私たちは健康教育の大切さを重んじ、専門講師による体力向上プログラムを実施するとともに、知的発達の促進を図っています。
●音楽教育
幼児は感覚的に聞くこと、歌うこと、鳴らすことが大好きです。リズム遊びなどを楽しみながら、音楽への興味を拡大し、情操を高めてまいります。
●絵画教育
見る、聞く、考える、に次いで大切なのは新しいことを想像する力です。絵を描くことによって身に付ける想像力や忍耐力が、子どもの今後の人生を拓いていくことでしょう。